八村選手、中学時代恩師に電話

共同通信

 八村選手への思いを語り涙ぐむ、富山市立奥田中学時代の恩師、同中バスケ部コーチの坂本穣治さん=21日午前、富山市 拡大

 八村選手への思いを語り涙ぐむ、富山市立奥田中学時代の恩師、同中バスケ部コーチの坂本穣治さん=21日午前、富山市

 「夢を描けと指導してきたが、現実になるなんて」。米プロバスケットボールNBAのドラフト会議で指名を受けた八村塁選手(21)の中学時代の恩師、富山市立奥田中のバスケ部コーチ坂本穣治さん(59)は21日、自身が経営する市内の会社事務所で会議のライブ映像を見守り、涙ぐんだ。

 指名から約2時間半後には坂本さんの携帯電話に現地の八村選手から電話があり、坂本さんは「よくやったな。たまには富山に帰れるかな」とねぎらった。坂本さんによると、八村選手は「やりましたよ。全てはコーチから始まりました」と涙声で話したという。

PR

PR

注目のテーマ