比台風、各国の救援隊が始動 日本医療チームも

12日、フィリピン・レイテ島で医療物資を運ぶ日本の医療チーム(ゲッティ=共同) 拡大

12日、フィリピン・レイテ島で医療物資を運ぶ日本の医療チーム(ゲッティ=共同)

11日、フィリピン・レイテ島のタクロバンで負傷者を搬送する米国とフィリピンの兵士ら(UPI=共同)

 【セブ共同】台風30号の甚大な被害に見舞われたフィリピンのレイテ島で13日、日本の国際緊急援助隊の医療チームを含む諸外国からの支援チームが到着し、現場での救援活動が始まった。

 レイテ島では水や食料が極端に不足しているが、倒木やがれきで道路が寸断され、輸送手段の確保が困難な状況。フィリピン政府は千人以上の軍や警察を投入し、復旧に全力を挙げている。

 日本の医療チームは12日夜、近隣のセブ島からレイテ島南部に向けて船で出発。フィリピン政府と協議した上で活動範囲を決める。

PR

PR

注目のテーマ