コナン列車に新デザイン、鳥取

共同通信

JR鳥取駅で開かれた、リニューアルされた「コナン列車」の出発式=22日 拡大

JR鳥取駅で開かれた、リニューアルされた「コナン列車」の出発式=22日

 漫画やアニメで人気の「名探偵コナン」のキャラクターが描かれ、JR山陰線などを走る「コナン列車」4両のうち、2両1編成がリニューアルされ、一般公開を兼ねた出発式が22日、JR鳥取駅で開かれた。主に鳥取―米子間の快速列車として運行する。

 車体外側に主人公のコナンとライバルの怪盗キッドが対決するシーンや、ヒロインの毛利蘭との恋模様など名場面が描かれ、等身大のキャラクターとファンが一緒に写真を撮れる工夫も。車内のトイレ入り口にもコナンの絵がある。

 名探偵コナンは鳥取県北栄町出身の漫画家青山剛昌さんの代表作。約1200万円の費用は県が全額負担した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ