ライザップ社長が赤字謝罪

共同通信

 RIZAP(ライザップ)グループは22日、東京都内で定時株主総会を開いた。瀬戸健社長は、2019年3月期連結決算の純損益が193億円の赤字に転落したことに関し「ご迷惑とご心配をお掛けし申し訳ありません」と謝罪した。元カルビー会長でプロ経営者として知られる松本晃氏は22日付で構造改革担当の取締役を退任した。

 本業の個人向けフィットネスジム事業は好調なものの、急速な企業の合併・買収(M&A)により、一部子会社の損失拡大が業績に打撃となったため、株主から「M&Aを止められなかったのか」との意見が相次いだ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ