神本雄也、平行棒と鉄棒首位

共同通信

 体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表最終選考会の全日本種目別選手権第1日は22日、群馬県の高崎アリーナで予選が行われ、男子は2014年仁川アジア大会3冠の神本雄也が平行棒で15・533点、鉄棒で14・566点をマークし、ともにトップで23日の決勝に進んだ。

 16年リオデジャネイロ五輪団体総合金メダルの白井健三が決勝に臨めるシードだった床運動で14・700点の2位、跳馬で4位。17歳の橋本大輝があん馬で2位に入った。

 女子は腰痛のために5月のNHK杯を棄権したエース村上茉愛が跳馬で14・183点を出して首位通過した。

PR

PR

注目のテーマ