米、不法移民一斉摘発を延期

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は22日、全米各都市で23日に始める予定だった不法移民一斉摘発を2週間延期するとツイッターで明らかにした。民主党の要請に応じたとしており、議会に対し超党派でメキシコ国境の不法移民問題解決に取り組むよう促した。

 トランプ氏は「民主党と共和党が協力して南部国境の難民抜け穴問題に対する解決策を出せるかどうか様子を見る」と説明し、もし議会ができなければ一斉摘発を始めると強調した。

 これに先立ち、ペロシ下院議長(民主党)は22日に声明を出し、集中摘発は非人道的だなどと訴え、トランプ氏に中止を求めるよう宗教指導者らに呼び掛けていた。

PR

PR

注目のテーマ