英ジョンソン前外相、説明避ける

共同通信

 【ロンドン共同】メイ英首相の後任を決める与党保守党党首選の決選投票に進み、後継として本命視されているジョンソン前外相は22日、党主催の会合で、交際相手と暮らす住宅で警察が出動する騒ぎがあったことについて問われ「ここにいる人は皆そんなことに興味はないと思う」と説明を避けた。

 ハント外相との一騎打ちとなった決選投票の舌戦が本格化しており、騒動に関する説明を回避することで今後も尾を引く可能性がある。

 会合は、7月下旬の新党首選出に向け保守党が主催。決選に進出した2氏がそれぞれ自身の政策について演説し、進行役や会場からの質疑に答える形で進んだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ