タイ洞窟事故1年でイベント

共同通信

 【チェンライ共同】タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟にサッカーチームの少年や男性コーチ計13人が閉じ込められた事故発生から23日で丸1年。洞窟周辺ではミニマラソンや自転車大会が開かれ、少年やコーチも参加した。元気な姿を見せ「救出のために尽くしてくれた全ての人に感謝している」などと改めて謝意を示した。

 地元で「洞窟の日」となった23日、救出に関わったタイ軍の特殊部隊員や兵士、ダイバー、一般市民ら計約3千人がイベントに参加。6キロのミニマラソンを完走したコーチのエカポン・チャンタウォーンさんは「犠牲になった元特殊部隊員のことは忘れたことがない」と語った。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ