玉木氏、衆院選の調整急ぐ意向

共同通信

 国民民主党の玉木雄一郎代表は23日、次期衆院選を巡る立憲民主党との候補者調整を急ぐべきだと強調した。埼玉県狭山市で記者団に「空白区がたくさんある現状は、それほど改善していない。小選挙区の半数以上は勝てる候補を立てることが重要だ」と述べた。

 夏の参院選に合わせた衆参同日選については「こちらがいくら無いと思っても(最終的には)政権側が決める話だ」として警戒を維持する考えを示した。

PR

PR

注目のテーマ