レストラン50、日本2店が受賞

共同通信

 【シンガポール共同】世界各地の料理人らが選ぶ「世界のベスト・レストラン50」が25日夜、シンガポールで発表され、授賞式が開かれた。日本の2店が受賞。東京・神宮前の日本料理店「傳」が11位に入り、優れた接客を評価する「おもてなし技術賞」も獲得した。東京・南青山のレストラン「NARISAWA」は昨年と同じ22位に。

 「傳」は「温かい、個人に配慮した接客」と「楽しい、親しみやすい身近な会席料理を提供」と評価され、昨年の17位から順位を上げた。店主の長谷川在佑さん(41)は授賞式後の取材に「お客さんに楽しんでもらうことを何よりも大切にしてきた」と喜んだ。

PR

PR

注目のテーマ