東電総会、株主の脱原発提案否決

共同通信

 東京電力ホールディングスは26日、東京都内で株主総会を開いた。脱原発などを求める株主提案は全て否決された。小早川智明社長は廃炉方針を示していた福島第2原発について「引き続きスピード感を持って検討を進める」と述べた。また経営再建の柱に据える柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働に意欲を示した。東電によると、株主総会会場の入場者数は1187人。東日本大震災以降で最少となった。

 福島第2原発を巡っては、小早川社長が昨年6月に全4基を廃炉にする方針を示したが、正式決定はしていない。柏崎刈羽原発は地元自治体の同意を得られるめどが立っていない。

PR

PR

注目のテーマ