日仏、海洋安保で協力具体化

共同通信

 安倍晋三首相は26日、フランスのマクロン大統領と官邸で会談し、海洋進出を強める中国を念頭に、海洋安全保障分野での協力を具体化する方針で一致した。途上国の債務返済能力を考慮する「質の高いインフラ」整備や、気候変動での連携も確認した。両政府は幅広い分野で今後5年間の協力目標を定めた新たなロードマップ(行程表)を発表した。

 28日に開幕する20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて来日する各国首脳と首相による一連の2国間会談日程がスタートした。首相は先進7カ国(G7)の議長を務めるマクロン氏とともに、議論をリードしたい考えだ。

PR

PR

注目のテーマ