全17原発に検査不正製品

共同通信

 神戸製鋼所や日立化成などで2017年ごろから製品の検査不正が相次いだ問題を受け、原子力規制委員会は26日、これらのメーカーから全国の原発への納入状況を集計して公表した。国内の全17原発に加え、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県、廃止中)にも不正検査製品が納入されたことが分かった。

 問題発覚後、原発への納入状況は電力各社が順次公表し、一部が明らかになっていた。各社は問題の製品の一部を交換したほか、点検で安全が確認できたものは使用を続けている。

 規制委は、検査不正などがあり、原子力施設に関係するメーカーの製品を調査した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ