米大統領がパウエル氏批判

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、FOXビジネステレビで、追加金融緩和に意欲を示す欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁を「米連邦準備制度理事会(FRB)議長にすればいい」と述べ、昨年末まで利上げを進めたFRBのパウエル議長を改めて批判した。

 FRBに繰り返し利下げを要求しているトランプ氏は「ドラギ氏の欧州は市場に資金を注ぎ込んでいるのにFRBは反対に吸い上げている。めちゃくちゃだ」と主張。「議長を解任する権限がある」とも語った。

 発言の背景には、米欧の金融政策の違いがユーロ安ドル高を招き、米国の輸出競争力低下につながっているとの不満がある。

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR