日銀副総裁が消費増税に懸念

共同通信

 日銀の若田部昌澄副総裁は27日、青森市で講演し、10月に予定されている消費税率10%への引き上げについて「経済、物価に下押し圧力をもたらす可能性がある」と懸念を示した。一方で、日本経済の先行きについては「基調として緩やかに拡大していく」と従来の見解を維持した。

 米国と中国の貿易摩擦は「短期間で抜本的に解決することは難しいかもしれない」と指摘。英国の欧州連合(EU)離脱や、米国とイランの軍事的な緊張の高まりなども念頭に、世界経済の「下振れリスクには一段の注意が必要になっている」とした。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ