サニは10秒05で百決勝進出

共同通信

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は27日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子100メートルで9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は準決勝2組で大会記録に並ぶ10秒05をマークして1着で28日の決勝に進んだ。

 1組では小池祐貴(住友電工)が10秒09で1着、桐生祥秀(日本生命)が10秒22で2着となった。2組はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が2着、多田修平(住友電工)が3着で突破した。

 男子の走り高跳びは日本記録保持者の戸辺直人(JAL)が2メートル27で4年ぶりに制し世界選手権代表に。

PR

PR

注目のテーマ