ピーチ、6年ぶり赤字

共同通信

 ANAホールディングス(HD)傘下の格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーションが27日発表した2019年3月期決算(単体)は、純損益が1億9300万円の赤字だった。赤字は13年3月期以来、6年ぶり。同じくANAHD傘下のLCCであるバニラ・エアとの統合を20年3月末に控え、統合に関連する費用がかさんだ。

 バニラから引き継ぐ機体をピーチ仕様にしたり、バニラからピーチに移るパイロットを訓練したりする費用が発生した。19年1月にANAHDからバニラ株式を買い取り子会社化したことに伴い発生した特別損失も利益を押し下げた。

PR

PR

注目のテーマ