三菱重工株主に解決訴え

共同通信

 韓国人元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身隊員への損害賠償支払いを命じる韓国最高裁の確定判決を昨年11月に受けた三菱重工業は27日、東京都内で判決後初の株主総会を開いた。会場前では勝訴が確定した原告で元勤労挺身隊員の梁錦徳さん(89)や支援者が賠償支払いや謝罪を通じた解決を図るよう株主らに訴えた。

 会社幹部は総会で、元徴用工らの問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みで、判決は「遺憾だ」と表明。今後の対応を「日本政府と連絡をとり進めていく」とも明らかにした(共同)

PR

PR

注目のテーマ