首相、硬い表情で文大統領と握手

共同通信

 安倍晋三首相は、28日に大阪市で開幕した20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の出迎え時、韓国の文在寅大統領と握手を交わした。握手の際、わずかに会釈を交わしたものの、表情は硬いままだった。お互いにしっかりと目を合わす場面もなかった。

 首相は文氏と約5秒握手を交わした後、記念撮影のため壇上へと促した。文氏の前後に握手したトルコのエルドアン大統領やフランスのマクロン大統領を迎える際には、満面の笑みだったが、文氏とは口を結んで笑みを浮かべるにとどめた。

 首相が文氏と直接、会ったのは、昨年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議以来だ。

PR

PR

注目のテーマ