芸舞妓が通し稽古「総ざらえ」

共同通信

 京都五花街の芸妓と舞妓が一堂に会する合同公演「都の賑い」の本番を前に、通し稽古「総ざらえ」が28日、昨年再開場した京都市東山区の南座で行われた。

 色とりどりの着物姿の約80人が、三味線や唄に合わせて演目を練習。客席の師匠の指導を受け、振り付けや立ち位置を確認した。終盤では柳のかんざしを挿した五花街の舞妓20人が、そろって舞を披露した。

 公演は29、30日の午前と午後に南座で開催。開場を記念し、舞妓の顔をかたどるなどしたまんじゅうセットを1公演ごとに50個限定で販売する。問い合わせは京都伝統伎芸振興財団、電話075(561)3901。

PR

PR

注目のテーマ