年金1200万円未払い、福島

共同通信

 日本年金機構は28日、福島県内の年金事務所で受給資格の確認ミスがあり、約20年にわたり受給者1人に計約1220万円の厚生・国民年金が未払いだったと発表した。既に全額を支払った。機構の支給ミスは後を絶たない。

 機構によると、受給者は公的年金のうち国民年金だけに加入していた期間と、厚生年金に入っていた時期があった。1999年にミスが起き、受給者からの問い合わせで2017年10月に発覚。公表に時間を要したことについて、機構は「受給者への説明や支払いなど、対応が完了してから発表することになっている」としている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ