米政権の移民政策に日系人が抗議

共同通信

 【ロサンゼルス、サンフランシスコ共同】第2次大戦中に日系人の収容施設として使われた米南部オクラホマ州の陸軍施設で不法移民の子どもを一時的に収容するトランプ政権の計画に対し、日系人団体などが27日、西部カリフォルニア州のロサンゼルスやサンノゼなど日系人が多く暮らす都市で抗議集会を開き「絶対に許さないぞ」とシュプレヒコールを上げた。

 市民団体「ツル・フォー・ソリダリティ(団結のための折り鶴)」発起人で、強制収容所で生まれ育った日系3世サツキ・イナさんはサンフランシスコで「強制収容を経験した日系人こそが、移民の子どもへの非人道的な状況に声を上げよう」と訴えた。

PR

PR

注目のテーマ