3書店、万引抑止へ顔認識活用

共同通信

 全国万引犯罪防止機構(東京)は28日、東京・渋谷の大型書店3店と共同で、顔認識技術を用いた万引抑止システムを7月30日から運用すると発表した。フリーマーケットアプリの台頭などで転売目的の万引が増加しており、利幅が薄い書店では対策が喫緊の経営課題となっていた。

 機構によると、経営の垣根を越えて顔認識技術を用いた防犯システムを運用するのは全国で初めて。

 システムは、店舗で身柄を確保した万引犯と、映像分析により確実に万引をしたとみられる人物の顔情報を共同データベースに登録。店舗の防犯カメラが捉えた来店客の顔を抽出し、登録データと照合する。

PR

PR

注目のテーマ