G20、米中貿易摩擦に懸念噴出

共同通信

 新興国を含む20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28日大阪市で開幕し、初日の討議を終えた。世界経済情勢では各国から米中貿易摩擦への懸念が噴出し、景気減速リスクは大きいとの認識を共有。議長の安倍晋三首相は「G20が成長をけん引していくべきだとの共通認識ができた」と総括した。自由なデータ流通を促進するためのルール作りの交渉加速で大筋合意したほか、世界貿易機関(WTO)改革の必要性でも一致した。

 ただ米中の対立が泥沼化している通商分野をはじめ、各論では立場の違いが大きい。29日午後にまとめる首脳宣言で、どこまで成果を明確にできるかが焦点だ。

PR

PR

注目のテーマ