イラン核合意維持へ一歩

共同通信

 【ウィーン共同】イランと英仏独ロ中の5カ国、欧州連合(EU)は28日、イラン核合意を巡る合同委員会の次官級会合をウィーンで開いた。イランのアラグチ外務次官は、欧州側がイランとの貿易を続けるために設立した「貿易取引支援機関(INSTEX)」の稼働準備が完了、同機関を通じた最初の取引が進行中と明らかにし、合意維持に向け「一歩前進した」と語った。

 アラグチ氏は核合意の一部履行停止の判断を変えるには「不十分」としたが、協議結果は検討に値するとし、本国の判断を仰ぐと述べた。また近く、核合意当事国の閣僚級会合が開かれることも明らかにした。

PR

PR

注目のテーマ