ロシア大統領、マイボトル持参

共同通信

 28日に行われた20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の首脳夕食会で、ロシアのプーチン大統領がお茶の入ったタンブラーを持ち込んだことが同国メディアで話題になっている。ペスコフ大統領報道官によると、プーチン氏が愛用しているもので常に持ち歩いているという。

 夕食会では、飲み物として山梨県産や兵庫県産のワイン、福島県産の日本酒のほか緑茶や抹茶などが用意されたが、ロシア通信はプーチン氏が「自分の白いタンブラーに入ったお茶を飲んだのが映像から分かる」と報じた。

 乾杯のあいさつでは、安倍晋三首相が日本酒、トランプ米大統領がコーラを飲んだとみられるという。

PR

PR

注目のテーマ