ラグビー協会、森重隆会長が就任

共同通信

 日本ラグビー協会は29日、東京都内で評議員会と理事会を開き、元日本代表で副会長だった森重隆氏(67)が会長に就任した。任期は2年。早稲田大、サントリーなどで監督を務めた清宮克幸氏(51)が副会長に就き、9月に開幕するワールドカップ(W杯)日本大会を迎える新体制が決まった。

 専務理事には7人制日本代表の強化を統括する岩渕健輔総監督(43)が就いた。2期会長を務めてきた元日本商工会議所会頭の岡村正氏は退任した。

PR

PR

注目のテーマ