近代五種のW杯、嶋野は18位

共同通信

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねる近代五種のワールドカップ(W杯)ファイナル第3日は29日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザとAGFフィールドで行われ、男子の日本勢は嶋野光(自衛隊)が1414点で18位、小野友行(警視庁)が1315点で27位だった。

 ジョセフ・チューン(英国)が1457点で優勝し、東京五輪の出場権を獲得した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ