日ロ共同経済活動、秋にも試行

共同通信

 安倍晋三首相は29日、ロシアのプーチン大統領と大阪市で会談した。北方領土での共同経済活動について、今年秋にも観光やごみ処理のパイロット(試行)事業を実施することで合意した。北方四島のうち、歯舞群島と色丹島の引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速させるとした昨年11月の首脳合意に基づき、引き続き交渉を進めることでも一致した。

 領土問題での具体的な進展はなく、両政府は今回の会談を機に交渉の仕切り直しを図った形だ。

 今年9月から8項目の対ロ経済協力に関わるロシア企業関係者らを対象に、査証手続きの緩和を行うことも申し合わせた。

PR

PR

注目のテーマ