首相、サウジ皇太子と会談

共同通信

 安倍晋三首相は30日、大阪市内でサウジアラビアのムハンマド皇太子と会談した。米国とイランの対立で緊張が高まる中東情勢に関して協議。来年の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でサウジが議長国を務めることを踏まえ、成功に向けて協力すると伝えた。

 首相は、イランを敵視するサウジと、中東情勢の緊張緩和に向けて意見交換する。

 脱石油依存を目指すサウジの経済構造改革を後押しする方針を改めて伝達し、日本企業の進出拡大や投資促進を柱とする「日・サウジ・ビジョン2030」への「官民挙げての最大限の協力」を約束した。

PR

PR

注目のテーマ