中国、外資規制緩和を発表

共同通信

 29日、トランプ米大統領との首脳会談に臨む中国の習近平国家主席(右)=大阪市(AP=共同) 拡大

 29日、トランプ米大統領との首脳会談に臨む中国の習近平国家主席(右)=大阪市(AP=共同)

 【北京共同】中国政府は30日、石油・天然ガスの探査やサービス業などの分野を対象に、中国市場への外資の参入規制を緩和すると発表した。貿易摩擦で対立する米国などからの外圧を踏まえ、市場開放を国際社会にアピールする狙いとみられる。

 29日閉幕した20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で、習近平国家主席は「市場開放を進める」と強調していた。習指導部は市場開放策を今後の米中貿易協議で説明し、米国にも譲歩を求める構えだ。

 外資の参入を規制する分野を定めた「ネガティブリスト」の最新版を公表し、規制分野をこれまでの48から40に減らした。

PR

PR

注目のテーマ