香港、デモ隊と警官が衝突

共同通信

 【香港共同】香港が英国から中国に返還されて22年を迎えた1日、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する市民ら約千人が、香港立法会(議会)周辺の道路で抗議行動を行った。一部デモ隊と警官隊が衝突、警官隊は催涙スプレーを使用した。デモ隊側に負傷者が出たとの報道もある。

 香港中心部の広場では、中国国旗と香港の旗の掲揚式典を開催。香港政府トップの林鄭月娥行政長官は式典後のレセプションで、条例改正を巡る社会混乱を念頭に「教訓をくみ取り、より民意に沿った施政を行いたい」と述べた。会場の出席者が「悪法撤回」と叫ぶ一幕もあった。

PR

PR

注目のテーマ