京都・祇園祭が幕開け

共同通信

 祇園祭の安全を祈る「お千度の儀」が1日、京都市東山区の八坂神社で行われ、1カ月にわたって古都を彩る祭りが幕を開けた。

 最大の見せ場となる前祭の「山鉾巡行」(17日)で、先頭の長刀鉾に乗る稚児の中西望海君(10)、補佐役の禿を務める杉本崇晃君(11)、竹内瑛基君(9)が白塗りの化粧とはかま姿で登場。おはらいを受けた後、大勢の参拝者が見守る中、ゆっくりと本殿を3周し、祭りの無事を祈願した。

 山鉾巡行には、前祭に23基、24日の後祭に10基が参加する。山鉾が立ち並び雰囲気が盛り上がる宵山期間は、前祭が14~16日、後祭が21~23日。

PR

PR

注目のテーマ