大手損保、自動車保険料値上げへ

共同通信

 損害保険大手4社が、自動車保険の保険料を来年1月にも値上げする見通しとなったことが1日、分かった。10月の消費税増税で自動車の修理費や販売代理店への手数料が増える一方で、保険料自体には消費税はかからないためコスト増を転嫁する。値上げ幅は1~3%程度が中心になるとみられ、各社は今秋までに詳細を決める。各社一斉の値上げは約5年ぶり。

 値上げするのは東京海上日動火災保険、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険の4社。前回の各社の値上げは消費税が5%から8%になった2014年10月で、値上げ幅は0・9~2・5%だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ