Bリーグ、24チームに拡大構想

共同通信

 バスケットボール男子のBリーグは1日、東京都内で会見を開き、現在は18チームずつで行われている1部(B1)と2部(B2)をそれぞれ最大24チームまで拡大する構想や、1万5千人前後を収容できる「ナショナルアリーナ」の建設などを盛り込んだ中長期計画を発表した。

 計画では、2024年に集客力や売上高などの要件を引き上げた新基準での参入審査を予定。B1のクラブには、優先的に試合が開催可能なアリーナがあることなど設備面の拡充を求め、クラブが継続的な投資を呼び込めるよう単年の競技成績のみによる昇降格を廃止する。

 「ナショナルアリーナ」は都心部近くに建設を検討。

PR

PR

注目のテーマ