韓国、WTOへの提訴検討

共同通信

 韓国の成允模・産業通商資源相は1日、日本が半導体などの製造に必要な材料3品目で韓国向けの輸出規制を強化することに対し、自由貿易の精神に反する経済報復措置だとして「深い遺憾の意」を表明し、世界貿易機関(WTO)への提訴を検討すると明らかにした。元徴用工問題を巡り関係が悪化する日韓両国は、新たに通商摩擦を抱える恐れが出てきた。

 韓国外務省は同日、趙世暎第1次官がソウルで長嶺安政駐韓大使に、韓国への輸出規制強化は「両国関係に否定的な影響を及ぼす」との強い懸念と遺憾の意を伝え、撤回するよう求めたと明らかにした。

PR

PR

注目のテーマ