金融庁長官が続投へ

共同通信

 政府が、金融庁の遠藤俊英長官(60)を留任させる人事案を固めたことが1日、分かった。老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融審議会の報告書が問題化したが、国会対応などを通じて政治家との幅広い人脈があり、金融業界からの信任も厚いことから続投を決めたとみられる。

 一方、金融審議会を担当する三井秀範企画市場局長(60)は退任する。

 遠藤氏は大蔵省(現財務省)出身で、金融庁では検査局長や監督局長を歴任。三井氏は金融庁の検査局長を経て昨年7月から企画市場局長を務めている。

PR

PR

注目のテーマ