柔道のウルフがスペイン合宿へ

共同通信

 柔道男子100キロ級の元世界王者で4月の全日本選手権を初制覇したウルフ・アロン(了徳寺大職)が2日、スペインでの国際合宿への出発前に成田空港で取材に応じ「来年の五輪に向けて外国勢も本腰を入れてきている。どのような準備をしているのかをしっかりと見てきたい」と狙いを語った。

 8月25日開幕の世界選手権(日本武道館)では2大会ぶりの頂点を目指す。国際大会への出場は2月が最後で間隔が空いているだけに、合宿ではロシアやジョージアなどの接近戦を得意とする力自慢の選手に注目したいという。「組み手の部分でミスをせず、どういう距離感がいいのかを突き詰めたい」と語った。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ