元徴用工問題理由に輸出規制決定

共同通信

 菅義偉官房長官は2日の閣議後記者会見で、日本政府が韓国への輸出規制強化を決めた理由について、元徴用工問題を巡り韓国政府から、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)までに満足する解決策が示されなかったことを挙げた。対抗措置との見方については否定した。政府として規制強化に関係する日本企業への影響を注視する。

 菅氏は日韓両国間の「信頼関係が著しく損なわれた」とした上で「韓国とは信頼関係の下で輸出管理に取り組むことが困難となっている」と強調した。今回の措置は安全保障を目的とした適切な輸出管理の一環だとし、自由貿易体制に逆行するとの指摘に反論した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ