体操男子の岡「歴史にも残る」

共同通信

 体操で新設された世界ジュニア選手権(ジェール=ハンガリー)の男子で団体総合と個人総合の2冠に輝いた15歳の岡慎之助(徳洲会)が2日、成田空港に帰国し「第1回の優勝者として歴史にも残ると思うのですごくうれしい」と喜びを語った。

 種目別銀メダルを獲得したあん馬など6種目で安定感のある演技をそろえ、2018年ユース五輪5冠の北園丈琉(大阪・清風高)に競り勝った。139センチと小柄なホープは「ここで満足せず、シニアのトップ選手と戦えるように練習したい」とさらなる飛躍を期した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ