イランにウラン濃縮の断念要求

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は1日放送されたFOXニュースのインタビューで「イランに核兵器を持たせるわけにはいかない」と述べ、改めてウラン濃縮の放棄を要求した。イラン側が譲歩すれば、米国が経済面で協力することも可能だとの考えを示した。

 トランプ氏は「われわれは道路や学校など、あらゆるものを(イランに)造りたいが、核保有は認められない」とイランに濃縮を断念し、米国の協力で経済発展を目指す道を選ぶよう促した。

 インタビューは、イランが1日に低濃縮ウランの貯蔵量が核合意で定められた上限を超過したと発表するより前に行われた。

PR

PR

注目のテーマ