中国、香港の議会突入を非難

共同通信

 【北京共同】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡り、反対する若者らが暴徒化し香港の立法会(議会)に突入したことに対し、中国政府の関係部門は2日「『一国二制度』の最低ラインに対する公然とした挑戦だ」などと相次ぎ強く非難した。

 国際社会は香港市民が平和的なデモを通じ改正反対の民意を表明したことを支持してきた。しかし今回の事態で支持が離れる可能性があり、中国の習近平指導部は風向きが変わる好機とみている可能性がある。

 中国外務省の耿爽副報道局長は2日の記者会見で、暴徒化した若者らの行為を「強烈に非難する」と表明した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ