錦織圭、8年連続で初戦突破

共同通信

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第2日は2日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス1回戦で第8シードの錦織圭が世界ランキング113位のチアゴ・モンテイロ(ブラジル)を6―4、7―6、6―4で下し、8年連続で初戦を突破した。

 右上腕痛で今大会と同じ芝コートの前哨戦を回避した錦織は今季初めての芝での大会だったが、序盤からサーブとショットが安定し、初対戦の相手に力の差を見せつけた。

 女子シングルス1回戦に全仏オープン覇者で第1シードのアシュリー・バーティ(豪)や2連覇を狙うアンゲリク・ケルバー(独)が登場した。

PR

PR

注目のテーマ