インド商都ムンバイ、豪雨で混乱

共同通信

 【ニューデリー共同】インド西部の商都ムンバイで2日、擁壁が倒れて壁沿いに立っていた小屋を直撃し、19人が死亡した。ムンバイでは1日夜から2日朝にかけて記録的な豪雨となり、これが原因とみられる。浸水被害も各地で発生し、交通機関にも影響が出た。地元メディアが伝えた。

 ムンバイが州都のマハラシュトラ州は2日を休日とし、外出を控えるよう呼び掛けた。2日午前までの24時間の雨量は1975年以降2番目の記録となったという。

 インドは6~9月を中心にモンスーンによる雨期となり、毎年のように多くの死者が出ている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ