靴に奴隷制時代の国旗、販売中止

共同通信

 【ニューヨーク共同】米スポーツ用品大手のナイキ社が独立記念日(7月4日)に向けて発売予定だった靴に、奴隷制時代に使用された国旗がデザインされていたため販売を中止したと、ウォールストリート・ジャーナルなど複数の米メディアが2日に報じた。米プロフットボールNFL、フォーティナイナーズの元QBキャパニックからの要請を受けてだという。

 キャパニックは2016年、国歌斉唱の際に片膝をついて人種差別に対する抗議を示していた。翌シーズン以降、NFLではプレーしていないが、18年にナイキの広告に起用された。

PR

PR

注目のテーマ