ロシア潜水艇で火災、14人死亡

共同通信

 【モスクワ共同】ロシア国防省は2日、ロシア領海内で海軍の深海探査潜水艇に1日火災が発生し、乗員14人が煙で中毒死したと明らかにした。

 ロシアメディアによると潜水艇は北方艦隊所属で、バレンツ海で海底探査中に火災が発生した。潜水艇は普段は原子力潜水艦の下部に装着され、探査時に海底に降下される。火災による放射性物質の流出はないという。

 国防省の発表によると、火災は乗組員が消し止めた。潜水艇はその後、北方艦隊の基地があるロシア北部コラ半島のセベロモルスクに移された。

 この潜水艇は軍事機密性が高いとされ、国防省は詳細を一切明らかにしていない。

PR

PR

注目のテーマ