米著名経営者アイアコッカ氏死去

共同通信

 【ニューヨーク共同】米自動車大手クライスラー(現フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の経営再建で知られるリー・アイアコッカ氏が2日、パーキンソン病に伴う合併症のためロサンゼルスの自宅で死去した。94歳だった。米メディアが報じた。

 東部ペンシルベニア州生まれ。1946年に米フォード・モーターに入社し、スポーツカー「マスタング」の開発などに力を注いだ。70年に社長に就任したが、創業者一族と反目して78年にフォードを去った。

 79年にはクライスラーの会長に就任。80年代に同社を倒産の危機から救って経営を軌道に乗せた。

PR

PR

注目のテーマ