中国の新車販売、日系3社が健闘

共同通信

 【北京共同】日系自動車大手3社の中国市場における6月の新車販売台数が3日、発表された。米中貿易摩擦のあおりで市場全体が低迷する中、トヨタ自動車とホンダ、マツダのいずれも業績を伸ばした。

 台数が最も多かったのはホンダで、前年同月比37・4%増の14万8382台。スポーツタイプ多目的車(SUV)などが売れ、6月として過去最高となった。

 トヨタは前年同月比18・5%増の14万800台。新車を中心に販売が好調で、6月単月の記録を更新した。

 マツダは1・4%増の1万9574台。単月ベースで前年実績を上回るのは、昨年4月以来だ。

 日産自動車は5日に発表する予定。

PR

PR

注目のテーマ