都内4駅にシェアオフィス

共同通信

 JR東日本は3日、シェアオフィスを東京駅など都内の4駅に8月1日にオープンすると発表した。改札近くなどにボックスタイプを計20部屋設置。今秋以降、首都圏を中心に広げる。

 シェアオフィスを設置するのは東京駅のほか新宿、池袋、立川の各駅。1人用は幅と奥行きがともに1・2メートル、高さ2・3メートルと、コンパクトなスペースに電源・USBコンセントや公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」を備える。立川駅には2人用もある。

 会員制で、当面はキャンペーン価格として15分当たり1人用162円、2人用216円で提供する。

PR

PR

注目のテーマ