「アジア経済圏」会合閉幕

共同通信

 【メルボルン共同】オーストラリア南東部メルボルンで開かれていた日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉会合が3日、閉幕した。今会合で新たに妥結した分野はなかった。

 次回会合は22日から中国河南省で開かれ、8月3日には北京で閣僚会合が行われる。日本の交渉団を率いる外務省の飯田圭哉経済局審議官は会合後に、進展のあった金融サービス、電気通信サービスの2分野について「次回妥結できる可能性がある」との見通しを明らかにした。

PR

PR

注目のテーマ